« 2008年1月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年2月

スターへの道☆

昨日は朝からフリークラスがありましたので、私とさくらで行ってまいりました。
いもうとさんはいたら厄介、パパは使えず(汗)
邪魔ばかりするので、自宅待機です。
・・・そして、当然の如く・・・遅刻・・・
またもやすみません。

今日はスターを目指すためのレッスンです・・・
と、大きいこと言っておきます(汗)
別にさくらがテレビに出るわけではありませんが・・・
テレビなどに出ているワンコのようになる・・・みたいな。
難しいことはちゃんと勉強してない私にはわかりませんが、これもいつもとはちと違った楽しいトレーニングでございます。
これだけわかってりゃ私はそれでよし。

①エイム:指示されたもの(クリックスティックの先端)を見続ける
目線をコントロールするトレーニングなんですけど、座ったままのワンコが視線だけを動かしてるんですよーもう可愛いってー
さくらは視線+前足が微妙に動いてしまいますが(汗)
練習するのみ!

②ナッジ:対象のものを鼻でつつきます
これも可愛すぎるーペットボトルでやってたのですが、さくらにつつかれる前に私が倒してたり・・・(汗)
これはみんな上手に出来ていました。

③?:前足を対象の物にかける
これもペットボトルでしたのですが、可愛いー
でも・・・足を使うトレーニングは私苦手です。
それは・・・さくらの足が短くって、ちゃんと出来ているかわからない!
出来ていても私が見逃したりしている!
ということで・・・でも頑張りました。

とこんな感じであったような・・・
昨日の事なのにもう記憶がおぼろげである・・・(汗)

後は今までのおさらいのオビをしたり・・・
そしてレッスンの後は、ランでみんなで遊ぶ~♪

と、ここで楽しく遊んでいたさくらちゃんでしたが、またもや喧嘩勃発(涙)
そしてフリークラスで初の黒星・・・ひっくりかえってました。
今回のは何が原因だか私は不明・・・最悪な飼い主。
そして涙の負傷・・・左目の横から血がでてました。
家に帰ってからよく見ると少し腫れてる様子。
でも仕方ないよねー
私とさくらが悪いんだし。
相手の飼い主さんとワンコにも悪い事をしましたわ。
そのワンコとは初めて一緒に遊んでいたのですが、さくらの負けん気の強さ&正確の悪さには今日も参りました。
そして私の管理の悪さ・・・ですね。

これからも気をつけなくては。

Dsc_0016

へこんでいる犬。

これは『ヘッドダウン』です。
フセから『ヘッドダウン』というコマンドで顎を床につけちゃうんです。
ホントへこんでるようで可愛いー
スターみたい☆(親ばか・・・)

| | コメント (2)

JFA堺大会

1月27日堺での大会にさくらさん参加!
・・・と、またもや大分日がたっておりますが(汗)

この日はパパと公式小型のみ。

第1R 4、3、×、6、3
・・・ということで、合計16点になるはずであった・・・
がしかし・・・最後さくらが帰ってきた時、パパはたいそう嬉しかったそうだ・・・
線を越える、いや越えようかとしているさくらに手をかけたのだった・・・
もう線をまたいでも嬉しさの余り、さくらを大歓迎したかったもよう・・・
そして、減点(涙)
合計13点でした。

第2R ×、3、3、×、×
まっこんなもんでしょう・・・

にしても、さくらのナイスキャッチが多い・・・
そんなんとれたんー!!!!すごいなー!!!って思ってしまうわ。
でも今回ナイススローが2回(だけとも言う・・・)ありました!

でもファウルもありました・・・

この日はパパは楽しくさくらとディスクをしてる感じがすごくして、本当良かったです。
いつもは自分の下手さにイライラしてることが多くて、すっごく感じが悪い!!!!
そんなんそんなすぐに上手になるわけもないし、それにさくらとディスクしてるのは、さくらと楽しむために!って思ってしてるのに、さくらがそんなパパに気をつかってる・・・
ということでいつもは夫婦喧嘩勃発しておりましたが、今回は平和に過ごせました。

私たちはさくらと楽しむだけにディスクをしてるのであって、悪くても良くても別にいいんですよね。
そら良いにこしたことはありませんが・・・
まぁ皆さん同じように考えてる方も多いと思いますが。

まぁ下手は下手なりに楽しんだらいいのですよ~!
とひらきなおることも大切ですわ♪

今回さくら家におめでた騒動があり(別にたいした騒動ではない・・・)、タープで過ごすのは寒いであろう・・・とタープナシで行ってました。結局どっちが良いのかは不明。
お邪魔させていただきました皆様、ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。あっでも次は多分タープは持ってくと思います。

| | コメント (4)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年6月 »